ポンテグランデ緑道

「ポンテグランデ緑道」は開発拠点地域を南北に貫き、公園と隅田川をつなぐ道路です。

ポンテグランデTOKYOのグラウンドデザインにあたっては、水辺の記憶も意識した「舫(もやい)」のキーワードを掲げ、「昔と未来」、「空と緑・花」、「川とまち」、「風景と建物」、「人と人」の5つの要素を「結ぶ」デザインを追求しました。
「ポンテグランデ緑道」、「かつら並木ニッピ通り」、「千住隅田川テラス」という3つの軸線を中心に、さまざまな都市機能・生活利便を開発するとともに、街の美観を高めています。

なかでも、「ポンテグランデ緑道」は景観ガイドラインの「緑の景観軸」であり、文字通り、緑と潤いにあふれる都市景観を創造するとともに、機能的かつ安全で災害に強い都市デザインを実現しています。

ポンテグランデ緑道の照明柱は、他の地区内道路とそのデザインを変え、歩行者専用の憩いの場である遊歩道への想いをこめて、 伝統的なヨーロピアンクラシックのデザインを採用しています。